個人事業主という仕事を選んだ人達

彼らは、社会人としてのスタートにサラリーマンを選んでいることが多いです。

しかし、企業に勤めるという事は、ロールや役割りが決まってしまい、必ずしも自分のやりたいことができる環境に継続的に身を置けるとは限りません。
現場や技術のスキルを磨きたくても、管理職に抜擢されることだって有ります。

そうした状況に直面し、自分に合ったビジネス環境を求め転職を選ぶ方もいます。しかし、個人事業主となった方々は、自分の伸ばしたいスキルを明確にし、スキルに合ったキャリアプランを自分で築くことのできる道を選択しているのです。

明確な志向を持っているので仕事に対するモチベーションも高く、モチベーションが新たなスキルを彼らにもたらしてくれます。

次に、魅力的なのは報酬だと彼らは言います。
彼らの報酬はサラリーマンよりも高く設定されています。企業はなぜコストの高い彼らを採用するのでしょうか。その理由は、スキルの高い要員を教育することなく調達できるからです。
また欲しいスキルをピンポイントで得ることもできます。

実は、単価が高くとも企業側にもコストメリットがあります。
プロジェクト完了後に人件費等のコストを抱えずにすむので、コストを限定することができます。

しかし、個人事業主にもリスクは有ります。会社のサポートが無いため、健康管理や仕事管理、税務的なこと等、会社員以上に自己管理すべきことは多いです。

最近では、個人事業主の諸手続きや案件アサイン交渉を仲介してくれるサポート会社も増えてきており、個人事業主の活躍の場はより一層開けています。

Comments (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です