個人事業主の仕事を得る為に努力している事

仕事を始める前に、どの様な業種・職種の個人事業主であっても営業する力が必要です。
仕事を紹介してもらう人脈・お客様を引きつける集客力・継続してサービスや商品を購入してもらうリピート需要など、全て営業する力があれば大丈夫です。

個人事業主として多いのはITやWEB分野ですが、特にロゴデザインやサイトの作成を行う仕事の方が大勢います。
まずは自分自身を売り込む事から始め、過去にどのような経験を積んだか、どんな資格やC言語が使えるかなど、客観的に判断できる材料で勝負します。
個人事業主ですから助けてくれる他の社員も居ませんが、アドバイスを受ける事は可能です。

資格さえ取れば、独立開業して成功するほど世間は甘くありません。
どんな職種・業種で働ける時間は1日どのくらいかなど予め設定が必要で、自由なスタイルで自由に働けるとは言え、営業する為にもルールは必要になります。

アドバイスを受ける為には、どんな相談かにもよって相手先が変わりますので、どんな相談をどこにするのかチェックしておきます。
正式に独立開業する場合は、開業届などの手続きや青色申告といった納税義務を果たし、契約条件を確認した上で、判断力をもって自己責任において契約を遂行する義務が発生します。
「難しい事は判らない」では済みませんから、営業する場合にも様々な事を学ばなくてはいけません。
経営計画書類などの提出を求められますので、開業に必要な知識だけでも確認しておきます。

独立して企業の案件に参画する場合、仕事の報酬や開発の担当範囲なども自分自身で掛け合わなくてはなりませんので、ある程度の営業力を培っておく必要があると言えます。

Comments (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です